歌劇場

ドイツでの暮らし

バレエからコロナ陽性者が出ました。現状をお伝えします。

内容はタイトルの通りです。来るべき時が来た、という感じですね。 と言いますのも、ここコブレンツの街では「7日間の人口10万人当たりの感染者数」が長いこと130~150人をさまよっている感じだったのです。 日本と比べると...
バレエ&劇場

【劇場】初演を迎えるまでのプロセス【ドイツ語の専門用語付き!】

新作『カルメン』の仮初演が、3月末に無事終わりましたー! 仮、というのはお客さんを入れない状態で「初演までのスケジュールをこなした」ということで。劇場の同僚数人が観に来てくれてました。コロナの罹患率が下がり、お客さんにも観て...
バレエ&劇場

ドイツの劇場にはどんな職業の人が働いているの? ~食堂編~

  ドイツ歌劇場シリーズ、今回は『食堂』編♪ 賑やかで人間味あふれる、劇場の中心地についてお伝えしたいと思います! 「待ってました~!」って感じですよね。「これぞ舞台裏!」みたいな!笑 知り合いの音楽家から、かのク...
バレエ&劇場

【プロ志望向け】その履歴書もしかして、招待率を下げてない??

ついこのあいだ、ドイツのバレエ学校に留学中のバレリーナさんから唐突に、こんなメッセージをいただきました♪ 「オーディションに行きたいので、履歴書の書き方を教えてください!」 えっっ!? あなたの人生を左右する大事な履歴...
バレエ&劇場

ドイツの劇場にはどんな職業の人が働いているの? ~ヘアメイクアーティスト編~

今回の記事では、ドイツ歌劇場で働く専門職から『ヘアメイクアーティスト』のご紹介をしたいと思います! ヘアメイクとは、ヘアスタイリング+メイクアップの略称。となればヘアメイクアーティストは「整髪とお化粧のプロ」です。…ってこれ...
ドイツでの暮らし

舞台芸術とは、とれとれぴちぴちカニ料理なんである

ドイツからこんにちは! どうも筆者の川端です。大阪人らしいタイトル。笑 今回はバレエダンサーとしての手記のようなものになります。 コロナ後の貴重な公演だったにも関わらず、今ひとつ自分の中の高揚感が足りなかったこと。 その...
トラベル

シアターコブレンツが他の劇場とちょっと違うわけ

ドイツからこんにちは! 今回は筆者、川端の現在の職場でもある『Theater Koblenz』の魅力をお届けしたいと思います! 劇場の外観が初見殺し 初めてこの劇場を訪れた方は、その存在に気付かずまず十中八九通り過ぎてしまいま...
バレエ&劇場

ドイツの劇場にはどんな職業の人が働いているの? ~舞台監督編~

今回の記事では、ドイツ歌劇場で働く専門職から『舞台監督』のご紹介をしたいと思います! 皆さんは「キューを出す」という言葉を耳にしたことがありますか? きっかけとして送られる合図のことを、舞台用語で『キュー』と言います。テレビな...
バレエ&劇場

ドイツの劇場付きバレエ団一覧【計60カ所】

今回はドイツ国内でバレエ団がある劇場だけをピックアップして、一覧リストにした記事になります。備考や契約数は執筆当時(2020年9月)の各公式ウェブサイトを参考にしております。 ハーフコントラクトや産休など、様々な理由により人...
バレエ&劇場

ドイツの劇場にはどんな職業の人が働いているの? ~バレエ・ピアニスト編~

今回の記事では、ドイツの劇場専属バレエ団に勤める『バレエピアニスト』をご紹介します。バレエダンサーの記事へはこちらから、バレエマスターの記事へはこちらからどうぞ! 今までに事務やオペラ部門、オーケストラに運営陣(前・後編)と同僚のご...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました