【まとめ】速く正しくバレエ上達するために知っておきたいこと

バレエ
Photo by Ferdinand studio on Unsplash

こんにちは! ドイツの劇場でバレエダンサーとして働く、筆者の川端(@ChihoKawabata)です。

このページでは、バレエ上達のスピードが速くなるアイデアの共有や、身体の痛みをなくす正しい踊り方について書いた記事をまとめました。随時更新されますので目次を参考によろしくお願いいたします!

スポンサーリンク

身体の使い方に関する記事

何気ない言葉で肩がきれいに開く! 上半身の筋力を最大限発揮しよう

バーレッスンのときは○○に気をつけるだけで、踊りがふらつかなくなるよ

脚を軽く使いたいときは、まず骨盤の位置から見直そう!

↑の姿勢をより活かせる、♡形の骨『仙骨』の使い方

尾骨でコントロール! 矢じりをイメージすることで、技術がぐっと安定する!

つま先体重はすぐ疲れるからNG! かかともしっかり踏んでバランスを向上させよう

メンタルに関する記事

若い人に読んでほしい、おすすめのダイエット法

パフォーマーにこそヨガをおすすめしたい理由6選

豆知識系の記事

ポワントのリボンの緩み問題をさくっと解決!

本番前にコーヒーを飲むと筋肉がつってしまうかも!

ポワントの改造は、このデメリットを読んでから!

オーディションに招待される履歴書を書くには?

筆者について

筆者はドイツの歌劇場でプロのバレエダンサーとして勤務して15年目になります、川端千帆(@ChihoKawabata)と申します。

ドイツで踊っているとはいえ、筆者自身は無名のダンサー。華々しい経歴を持つスーパースターでもなんでもありません。

それでも細々と「上達のコツ」を(偉そうに笑)発信する理由は、32歳の今現在、身体のどこからも痛みがなくなったから。

十代前半で椎間板ヘルニアになりかけた際、お世話になった整体師さんに「身体を正しく使えていないからだ」と諭されて以来、『正しく踊る』ことを常に心がけています。見た目の美しさだけを追いかけて踊りをごまかさない。その信条が今に活きているのかな、と考え、自分のアイデアを共有してもらうためこうして記事を書いている次第です。

正しく踊れば、技術面も飛躍的に向上します。痛みがなければ、表現することに更に集中できます!

プロアマ初心者問わず、ぜひご一読ください。きっと時間を無駄にはさせません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました