②秋のコブレンツの旧市街、一緒にまったりお散歩しましょ♪

トラベル

ドイツからこんにちは! 筆者の川端(@ChihoKawabata)です。

ドイツの秋って、とっても短いんですよね…。ちなみにいうと春も。薄着のコーディネートをもうちょっと楽しみたいんだけどなぁ。笑

さて、お散歩の続きをいたしましょうか! るんるん!

前回はコブレンツの劇場に始まり、聖母教会の中に入って腰かけるところまででしたね。

聖母教会の中を見て回りましょうか

ところで私は、張り詰めた無声を聴くのが好きです。いや張り詰めた無声って何ぞや。

分かりやすくイメージするなら美術館などがそう。皆がそこにある厳かな気配を肌で感じ取り、その静粛を正しく守らんと――あるいは静粛に溶け込まんとして――口を噤んでいる空間、みたいな。

ただ物音がしないだけの静寂と違ってそれは『人工的』で、だからいい。好き。

そして教会や神社仏閣の中では、その尊重が永遠に保たれているような気がします。前回「教会につい入ってしまう」と言いましたが、それは内装だけでなくこの静謐な空気を求めてのことなのかも。

教会の鐘が鳴りましたね。ポエミーな語り(笑)はおしまいにして、聖母教会の中を見て回りましょうか。右の側廊を通って奥の方へ。

Chor©riverside-germany.com

教会に入ったときもそうですが、何よりもステンドグラスに目を奪われますね。聖具の知識がないので説明できないのが残念。

入口の方を振り返って、オルガンも。

Orgel©riverside-germany.com

すてきやん! 外から見ただけでは、中がこんなふうになっていると全然分かりませんよね!

側廊とステンドグラスのアップなど。

癒されたところで、そろそろ次へ参りましょう!

鴨さんの噴水まで戻りますね

ひとまず鴨さんの噴水まで戻りますね。教会を出て左の階段です。さっき上ってきたのとは違う階段ですが、ここに直接出ます。

Entenbrunnen©riverside-germany.com

かわいい。夏だと子どもが群がっているので、更に微笑ましい光景になります!

右に進んでいくとアム・プラン

そこから右に進んでいくとアム・プランに出ます。こちらもクリスマスマーケットになるとおがくずが敷かれ、屋台や巨大ピラミーデ(木製の風車のようなクリスマス特有の飾り)が設置されるんです。まあ今年の開催は中止に(n回目)

少し進んでから、振り返ってみましょ。先ほどの聖母教会のたまねぎ頭が見えます。象徴的ですね。

足元には、マンホールほどの大きさのレリーフが。

Relief©riverside-germany.com

先の大戦では空襲により、街の中心の87%が破壊されたとあります。そこから40年の間に街はより大きく、更なる意味をもって再興を遂げたとも。(ざっくり意訳)

そしてすぐ後ろに『4つの塔』、フィーア トゥルメ。

Vier Türme©riverside-germany.com

おさまりきっとらん。笑

1608年制作。1688年と1944年に二度破壊され、修復されました。

ここを右に曲がりましょう。するとミュンツ広場に出ます。

ミュンツ広場

ミュンツ広場はクリスマスマーケットのためだけに存在するかのような、なにもない広場です。笑

この辺りにいくつかある飲食店の中でも、この『Kaffeewirtschaft』は特におすすめ。(カフェーヴィルトシャフト。コーヒー経済という面白い名前…笑)

Kaffeewirtschaft©riverside-germany.com

雰囲気はすこぶるよく、朝から夜までやっていてどのシーンでも活用できます。おいしい『Flammkuchen』もありますよ!

フラムクーヘンはフランス、アルザス地方生まれの薄焼きピザ。主に白ワインと一緒に食べられるので、アルザスからライン川・モーゼル川を伝って川沿いの街でよく見かけられます。

Kaffeewirtschaft von links©riverside-germany.com

コリドーを向かって左から見たところ。すてき。映え。笑

チェアに青いブランケットがかかってますね。少々寒くとも、皆お外でカフェしたいんですやはり…(ちなみに撮影は第2ロックダウン直前)

Deckel©riverside-germany.com

おっ、出たなシェンゲル坊や! さすがこの街の看板息子だね。

さあこの道を渡るとモーゼル川に出ます。

Am Rosengarten©riverside-germany.com

ちなみにモーゼル、イタリア語ではモゼッラと呼ばれるらしい。えーそっちの方が断然かわいいよね~、うらやましい~!笑

わくわく感を残しつつ、今日はここまで!

つづく

というわけで、コブレンツお散歩シリーズ第1弾、その2! でした。まだ続きます!

ほんとにまったりしたい方用ですね、このシリーズ。笑

気分転換にでもなれば幸いです。

お付き合いくださりありがとうございました。またね! ちゅーす!

コメント

タイトルとURLをコピーしました