【バレエ】フェッテの考え方!【最後にアラベスクでピタッととまれるようになる♡】

バレエ&劇場
Photo by David Hofmann on Unsplash

こんにちは! ドイツの劇場でバレエダンサーとして働く、筆者の川端(@ChihoKawabata)です。

バレエは、考え方をすこし変えるだけで驚くほどやりやすくなるもの。

神頼みをするみたいにネット検索をした誰かの手助けになればと思い、筆者のアイデアをこのブログで公開しています♪

記事を読んだ方からは「こんなにラクに脚を上げられるなんて」「すぐに身体のラインが違って見えた」など嬉しいコメントもたっくさんいただいております♡(Twitterさまさま)

こちらこそまだまだ勉強中の身ですが、大変ありがたいことです…!

「できるだけかんたんに、おもしろく」を目指して書いていますので、分からないことがあったら教えてくださいね。(おい、すべってんぞ!ってネタも恥ずかしいからこっそり教えて笑)

では今回は『フェッテ』をするコツについてお話ししていきましょう!

スポンサーリンク

フェッテがきまると、最高にかっこいい!!

フェッテ――といいますと、パドドゥのラストの見せ場と言っても過言ではないあの32回転、フェッテ・アントゥールナン…!?

と思いきや、いえいえ今回はこちら。↓

前にバットマンした脚の高さと方向を同一に保ちながら、アラベスクまで180°反転させるほうのフェッテです。

後ろから前に、のバージョンもありますが、そちらの出現頻度はそんなに高くないですね(RPGのモンスターじゃないんだから)。あ、でもバーのフォンデュやアダージオでよく出てくる強敵か…。まあ考え方は順序を逆にするだけなので!

このフェッテはいわゆる「ダイナミックな大技」の部類には入らないかもしれません。

…ですが、地味に難しいことも確か。

フロリナ王女のVa.では前半の主要なパですし、キトリの第3幕Va.でも、フェッテで魅せる振付の版もあります。ジゼルのウィリ達が踊る場面では、アリ地獄ならぬフェッテ地獄が待ち受けています。

地味だけど、きまれば最っ高~~~にかっこいい!! それがフェッテ!!笑

フェッテの言葉がもつムチという意味のごとく「しなり」や「キレ」を強調するパですから、ドタドタやごちゃごちゃは厳禁。無駄なくスマートに、が目標ですね!

では次から早速、考え方のコツを4つ! 見ていきましょう♪

コツ①反転のイメージをつかむ

最初のコツは、正しい反転のイメージをつかむこと!

フェッテで反転する、というと皆さんは次の2つのイメージを思い浮かべると思いますが…

  1. 軸脚を固定して、片開きのドアを押し開けるように反転する
  2. 身体の中心を固定して、回転ドアのように反転する

目指すのはズバリ、の、片開きのドアを押し開けるほうです!

イラストで説明していきますね。ここでは左脚が軸で。下段のブロックは、真上から見た腰と脚の位置関係を表したものです。

まずは腰の右側(緑の正方形)の軌道にだけ着目してみましょう! 緑の矢印で示しています。

フェッテ(上段)と、真上から見た腰と脚の位置関係(下段)

腰の左側(紫の正方形)を軸にして、右側が半円を描いているのがお分かりいただけますか? ドアをバーンとめいっぱい開け放つかんじ、しません?

対する回転ドアのイメージだと、紫と緑のブロックの位置が入れ替わることになります。つまり軸がずれ、バランスも見失ってしまうんです。

ですのでドアを押し開けるように、動脚の腰が半円に動いていくのをイメージしてみてね。軸が同じ位置でキープできるので、下りるときまで軸の上に立っていられます。

ドアを開いて新しいフェッテの世界へ!笑

僅かな差ですが、違いを実感してください♡

スポンサーリンク

コツ②腰と脚を連動させる

2つめのコツは、フェッテをしているあいだ腰と脚を連動させること!

連動とは、Aを動かすと、Aと繋がったBも一緒に動くことをいいます。その連動を、腰と脚でしてほしいのです♡

では先ほどと同じイラストですが、次は灰色の矢印を見てください。

腰と脚の連動

緑の長方形は右脚ですが、いかがですか? 緑の矢印、つまり右の腰と全く同じ動きをしていますよね。これが連動です。

もしかしたら、フェッテのあいだ「バットマンした脚をその場に置いたまま反転する」と考えていたり、教わったりする方も少なくないかもしれません。

でもそれだと脚が残って反転しきれなかったり、軸がずれてバランスを崩したりします。

実際にはイラストのように、90°回った横の時点では一瞬、脚が遠くなるのです。腰と連動して、自然とそうなるんです。

あくまで腰が先ね。✖「脚が動くから腰が動く」んじゃなくて、○「腰と脚は連動しているから、腰が動けば脚も動く」の。この理屈を知っていることがむっちゃ大事!!

  1. バットマン
  2. 横を通って
  3. アラベスク

と説明に書いてある通り(いつの間にか一句詠んでる笑)、1・2・3と手順を踏んでくださいね! 2をすっ飛ばしちゃだめなんです~!

バーに脚をのせてやってみると、どれだけ動くかっていうのがとてもよく分かりますよ。それでイメージをつかんでみてね。

→次ページから後半戦! だいじょぶ? 疲れてない!?笑

最後まで読んでくださり大変うれしいです! ぜひぜひご自身の所属するジャンルのランキングをクリックで応援してみてくださいね。私にも、どの読者さんが一番多いのか分かりやすくなり有難いです。無所属の方は筆者の専門、バレエへ1クリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ  にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
バレエ&劇場
スポンサーリンク
\シェアもしておくんなまし~/
\フォローしておくんなまし~/
踊るドイツブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました