ダンサーや音楽家が、本番前には絶対口にしない飲み物とは?

バレエ

こんにちは! ドイツの劇場でバレエダンサーとして働く、筆者の川端です。

突然ですが、筋肉が攣ることをドイツ語で『Krampf(クランプフ)』や、『Muskelkrampf(ムスケル クランプフ)』などと言います。今回はクランプフのお話です。

プロになって14年と久しいですが、実は数年前まで舞台上で毎回のように起こる、手の硬直という症状に悩まされておりました。

五指の筋肉が攣ってしまったようにぎゅーっと内側に集まったまま固まってしまい、しばらくはどうすることもできなくなります。鶴の首のような手の形はさながら、海賊王を目指す人気漫画に登場するオカマ拳法の使い手のよう。ミス・ボンクレーと呼んで差し支えありませんでした。(ボンちゃんだいすき)

固まってからだいたい1分もすればじわりとほぐれていくものの、そうなってしまう原因は全く分からず、複雑な心境ながら半ば諦めておりました。

ところがこれはもう「ひょん」としか形容しようがないひょんなことから、原因が判明したのです!

勿体ぶらなくてもサムネでもうお分かりだと思いますが毎日欠かさず飲む『コーヒー』が、まさかの悪の親玉でした。笑

筆者はこんなにもコーヒーを愛しているというのに…? 当時は裏切られた気持ちでいっぱいでしたが、以下まとめてみましたのでコーヒーと筆者の愛憎劇を聞いてやってください。

なぜコーヒーを飲むと筋肉が攣るのか

そもそもコーヒーに含まれるカフェインが交感神経を刺激し、眠気や疲労を緩和したり運動機能をも高めることは皆さんもご存知の通り。筋トレをする方などは、この効能をうまく取り入れている方も多いかと存じます。2004年までは世界アンチ・ドーピング機関(WADA)によってスポーツ選手に禁じられていたほど、顕著な効果があるのです。

しかし一方で利尿作用の働きで脱水症状に陥ることもあります。交感神経を刺激しますので、摂取する量が多いほど自律神経が乱され、血行が悪くなるなどの諸デメリットも。

また、筋肉が攣る主な原因として運動による筋肉の疲労や、水分不足、ミネラル不足などが考えられます。(科学的なメカニズムはまだ解明しきれていないそうです)

筋肉の疲労? 利尿作用からくる水分不足? バレエ・コーヒー・お酒……いや思い当たるフシがありすぎる、といった感じですね。

舞台芸術に関わる方々、また音楽家の方も。本番当日のホールには、大概コーヒーが用意されているものではありませんか? 特にバレエの発表会では1日中会館にこもりっぱなし、なんてことも珍しくはありませんものね。

手足が攣る原因は、気分転換に何気なく口をつけていたコーヒーだったのかもしれません!

原因がわかった『ひょんなこと』

時は2017年秋。初演の前週という大事な時期に、筆者は体調を崩しておりました。

ひとえにスタジオに付いているエアコンのせいです。何年も仕事放棄していたエアコンがいきなり稼働しだしたかと思えば、何の恨みがあってか筆者がバーレッスンで立っている定位置に直接冷風を送り付けてくるものだから、喉をやられてしまったのです。

風邪の前兆が無情にもひたひたと訪れる中、身体を温めるためにもコーヒーを一切断ち、ハーブティーのみで過ごしておりました。

幸い体調は快方に向かい、無事初演を迎えることができました。当日の朝、景気づけとばかりに筆者は久しぶりにコーヒーを口にしたところ…

本番中、当然のように指は固まるではありませんか。

その前日までとの雲泥の差に、筆者はコーヒーに対する疑念を禁じ得ませんでした。今まで全幅の信頼を寄せておりましたが、そのできごとがきっかけで筆者はコーヒーについてググり倒し、上記のような情報を入手した…という流れです。

いやー、最高にひょんでしたね。ひょんなこと大賞をいただくに相応しいエピソードです。

まとめ

そういういきさつがありまして、筆者は本番日には絶対にコーヒーを飲まないことに決めました。それからというもの、水分補給の甲斐もあってか指の硬直は一切なくなったんです!

飲んでしまおうかと誘惑に負けそうになった日もありましたよ。なんせ毎日べったりでしたから。「仕事と自分、どっちが大切なの?」と不安な思いもコーヒーにはさせてしまいました。でも、今は素直に受け入れてくれているようで一安心です。

先日ピアノを弾く方ともこの現象についてお話しする機会がありましたが、彼もやはり本番前にコーヒーは飲まないそうです。

いわく「鍵盤に指が沈んでいかない」そうで。

なるほど。本番に臨む際に放出されるアドレナリンに、更にカフェインの刺激が加わることもよくないのかもしれないですね。極度の興奮状態になってしまい、筋肉の緊張や血行に異常をきたすことが考えられます。

先ほども申しました通り『筋肉が攣るメカニズム』自体が科学的に解明されきっていないため、この考察には経験という根拠しかありません

ですが今のところ筆者の筋肉とコーヒーは密通していたようですので、もし筋肉が攣って舞台に支障が出てしまう皆さんは、一度コーヒーに疑いの目を向けてみてくださいね。ではでは~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました