Covid-19

ドイツでの日々

【ドイツ】カーニバル後の断食期間で、まさかの「○○断ち」試してみる?

海外発祥で日本にも親しまれている行事といえばクリスマスやハロウィーン、タイムリーなところではバレンタインデーなどがありますね。近年ではイエス・キリストの復活を祝うイースターも、日本で認知度を徐々に上げているのだとか? だった...
ドイツでの日々

【2020年】年の瀬のごあいさつ【あざっした】

先日オンライン忘年会に参加いたしました。その中には筆者川端(@ChihoKawabata)がこのブログを始めるきっかけにもなった、ある音楽家の姿も。お元気そうで安心しました。 ブログを始めたらまず書くべきはというよくある質問に「誰も...
バレエ&劇場

【バレエ】足が変形?痛みの原因!?ポワントの改造って本当はとっても危険なんです!

今回はポワント(トウシューズ)の改造について、一度は目を通してほしい大切な記事です。 といいますのも、ダンサー同士の間で語り継がれていくポワントの様々な加工法。しかし、そのデメリットについてはあまり触れられていない現状が筆者...
ドイツでの日々

ロックダウン中だけど特別にミュージカル『ザ・ラストシップ』をライブ鑑賞できた話

ドイツからこんにちは! コブレンツという街の劇場でバレエダンサーとして働く、筆者の川端です。 昨日の11月7日の日記として、『ザ・ラストシップ』というミュージカルをライブ鑑賞してきた話をさせていただこうかな、と思います。 舞台...
ドイツでの日々

舞台芸術とは、とれとれぴちぴちカニ料理なんである

ドイツからこんにちは! どうも筆者の川端です。大阪人らしいタイトル。笑 今回はバレエダンサーとしての手記のようなものになります。 コロナ後の貴重な公演だったにも関わらず、今ひとつ自分の中の高揚感が足りなかったこと。 その...
トラベル

シアターコブレンツが他の劇場とちょっと違うわけ

ドイツからこんにちは! 今回は筆者、川端の現在の職場でもある『Theater Koblenz』の魅力をお届けしたいと思います! 劇場の外観が初見殺し 初めてこの劇場を訪れた方は、その存在に気付かずまず十中八九通り過ぎてしまいま...
バレエ&劇場

音楽から着想する『白鳥の湖』の役作り用考察

こんにちは! ドイツの劇場で専属バレエダンサーとして働いております、筆者の川端です。 現在10月17日に控えた初演『白鳥の湖』に向けて練習をしているのですが、初めてオデットを踊るにあたり、役柄への理解を自分なりに深めてみようと思いま...
このサイト・運営者について

ドイツのバレエダンサーが大して有名でもないのにブログを始めたのはなぜか? ちょっと恥ずかしい初志について、絶対誰も読まないだろうから書いとく

今まででいちばん長いお休みの始まり 今からさかのぼること3か月半前の、2020年3月13日。 私の勤めるコブレンツ市劇場は、今後予定されていた全公演を無期限で休止する決定を下しました。そして翌週の18日、メルケル首相の演説が行...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました