先日のYouTubeライブより抜粋して文字起こし

ドイツでの暮らし

こんにちは! ドイツの劇場でバレエダンサーとして働く、筆者の川端(@ChihoKawabata)です。

というわけで昨日は、YouTube上で初めてのライブでしたということで…。

5月4日にふと思いつき、5日にYouTubeからアカウント確認してもらい、6日にはライブ決行という最速スケジュールでした。

名付けて「うん、とりあえずやってみっか!」ライブ。笑

いらしてくださった方、そしてその時間は行けなくて残念だと仰ってくれた方も改めて、本当にありがとうございます!

結果からお伝えしますと、肝心の自習はできませんでした。ぴえん。

おそらくはネット環境が低速度なせいなのですが、画質がモザイクかかりっぱなしな状況でして。自習なんてできたものじゃありませんでした。しかも見返してみると、音声も飛び飛び! そうとは知らず長々とだべり続けてしまいました…すまそん…。(もうちょっと心の底から謝罪して)

自習中に私がどういったことに注意を払っているかをお伝えしたかったのですが、いやはや無念。普段からインターネットをフル活用する生活でないのが裏目に出ましたね。

それでも根気よくお付き合いくださいまして、嬉しい限りです。質問やブログに対するお礼なども沢山いただき、今後活動するためのエネルギーが満タンとなりました! これからもがんばるぞい! よろしくお願いいたします♡

せっかくですので以降、話していた話題をかいつまんで文字起こし(要約)したいと思います。てかなーんにも考えずにタメ口きいてたね。まあ堅苦しいよりいいか。笑

スポンサーリンク

コッぺリウスがかわいそうな件

いやコッペリアのお話しって結構、えぐいというか…。

踊るのは楽しいけど、コッぺリウスの気持ちを思うとね…。現代の縮図やん。マジョリティがマイノリティをぶったたく! みたいな。やりたい放題やんな。(主役って身勝手よね。だから主役なのか?笑)

コメント「私がTwitterに上げるグルメが何気に楽しみ」

ごはんでテンション上がるからな!笑

いやー、ふつーに食べるよ。

てか私の自称「バレリーナ」自体、ちょっと盛ってるというか。というのも古典バレエを踊る機会なんてほとんどないし。ネオクラシカルとコンテンポラリーダンスが半々かな。「バレリーナって書いたら分かりやすいやろ!」ってかんじで名乗ったりしてる

超ムキムキというか…ムキムキは言い過ぎか。笑 適度に脂肪もついてるフツーの身体。

すごいダンサーのTwitterなんか見てたら「あぁっ、もう…脚、すごっ! アッむり! バレエむりー!」ってなるねんけど、私めっちゃ普通…みたいなね。笑

けどまあ、平凡な私が長年プロとして頑張ってるって言ったら、それはそれで希望になるかなーと思って最近は、そういうかんじで発信をしてます。

私は悪事の片棒を担いでいるのか…? 的な

「バレエをこうしたら簡単に踊れますよ~」って発信をしていると、特にバレエしてない方には「あっ、そうやるとバレエって簡単なんだ。じゃあバレエって簡単なんだ」って思われるのかもしれへんなってちょっと不安。笑

だって簡単なものより「自分には到底できない! 同じ人間とは思えない!!」ってものの方が『すごい』に決まってるやん。

私のしてることって極論、その『すごい』を奪ってしまうことなの? どうなの? ひょっとして悪事の片棒を担いでるの?

…とか考えたりね。笑

コメント「Twitter動画より生の方が綺麗」

数年ぶりくらいに化粧下地から使ってお化粧して、私の考える最強の眉毛で臨んでんねんで。当たり前やろ。(化粧パワーじゃ!笑)

質問「人生相談コーナーとかみてみたい」

人生相談って、人生経験がめっちゃくちゃ豊富か、ネガティブな人の方が向いてると思う。ほら、私見たら分かるけど楽観的なんよ。笑

ひとつの悩みに対してあーでもない、こーでもない、あの時こうしていればこうなっていたかもしれない…、みたいに色んな角度から考えてみるっていうことをあまりしない方だから。あなたはこう考えてたみたいだけど、もしかしたら相手はこういうふうに感じてたのかもよ、みたいなスマートな受け答えってできなさそう。

いや聞きたいこととかあったら、応えれる範囲で頑張って答えるけどね!?笑

これからの芸能をちょっと憂いてる件

これからの芸能(舞台芸術)ってどうなってくんやろー…って。観る人と観ない人の差が開いてくのかもなー、と。

最近って切り抜き動画とか、TikTokとか…。なんだろう。名言集を一冊にまとめました、みたいなものが好まれてるでしょ。前後あんまり関係なく「はい、これが名言です」って言われて「ほうこれが名言か」って感じで楽しむというか。

それに比べて舞台って拘束時間が長いから、そういうのは煙たがれられていくのかなーって。演ってる人たちがどれだけ頑張っても、時代に必要とされてないのならしょうがないのかな? って憂いてはいるよね。

ほら各地のお祭りとかも、消えていったのも沢山あるじゃないですか。伝統だから残すんじゃなくて、残ってきたから伝統なんだよ、っていう考え方。

だから芸術とかが、これからどういうふうに残っていくんだろうって。今もライブ配信とか増えたけど、こうして手を変え品を変え、残ってくのかなーって。

コメント「ドイツと繋がってるなんて…」

うまく使うとやっぱネットってすごいよね! 便利。

私がちっちゃい街のちっちゃい劇場でバレエのこととか、こんなちっちゃい声で呟いてても拾ってくれる人がいるし。

でも同時に、生活の中に見つける不便さも愛していきたいと思ってて。

たとえば私の使ってる革財布な。ポケットとかカードの幅と合ってないねん、ぶかぶかやねん。「使いにくっ!」ってな。でもかわいいねん。もう、そこにいてくれるだけでいいみたいな…。

…いや、この例えはなんかちょっと違うか?笑

スポンサーリンク

元同僚が、今の私を予言してた件

いやーまさか私がライブとか、めっちゃ内気で口数の少なかった昔の自分なら考えられへんかったね。

私が18歳ほやほやで前の劇場に入ったとき、元同僚に8つくらい年上のクリスっていうスペイン人がいてね。あの、開けっぴろげなキツイ方のスペイン人じゃなくて、ちょっと内気やけどキュートで、おしゃべり大好き! みたいな方のスペイン人。笑

その女性と毎晩のように飲み歩いてて、ある日こう言われたのよ。

「チホは昔の私にそっくり。今は喋れなくても気にしないで。予言する。10年もすれば、私みたいなおしゃべりになってるから!」

いやーまじでその通りになったね!ははは笑

質問「バレエをやめようと思ったことはありますか?」

ありますあります。むしろ小4までずーっとやめたかったよ。「なんで私だけ小学校のお友達と遊ぶ時間がないんやろ」って。私も『フツーの生活がしたい』ってずっと思ってた。

バレエ教室転々としてたけど、最後のとこに同年代の子が沢山いたのがよかったですね。皆個性的やったし自習も面白くて。

バレエにもコミュニティが持ててようやく好きになれた、って感じです。

質問「お母さんはどんな方ですか? パワーありそう」

パワフルって感じじゃないかな。母は、私のことが大好き。

バレエスクールのママ友の前でも「いやうちの子なんて全然~」なんて私を下げる発言は一切しない。舞台後でも「今日の踊りはどうやった?」って聞くだけで、私をジャッジすることはしないかな…。

いやジャッジっていうか「ちほ世界一すご~い(ぱちぱち)」くらいには思ってるやろけどwww

私のことをすごく信頼してくれてる母ですね。

質問「レッスン後に食べるものは?」

運動直後はあまり食べ物を受け付けないけど、レッスン前・中・後は水分補給をしっかりします!

ううちのボス(バレエ監督ね)も口を酸っぱくして言ってるのよ。

「よく食べ、よく眠り、たくさん水を飲め」って。(ホワイト企業み)

[ad]

コメント「お稽古事は、継続が大事ですよね」

お稽古って(勉学でも同じやけど)結局、自分の悪いところと向き合うってことだと思うのね。

(壁を)見つけて、乗り越える。また見つけては、乗り越える。

でも人生ってそんなもんじゃん。

打たれ弱い人は、困難を見つけたときに解決策を考えることを放棄してきた人なんかもしれんね。

一心に、全力でなにかに打ち込んだ経験は必ず自分の糧になるよ。他人から賞賛されるような結果にならなかったとしてもね。

ま、何をもって『報われた』って言うのかって話ではあるよね。だって報われたところでさ、努力はし続けんとあかんやん? 到達してハイ終わり、っていうものでもないしね。

コメント「(↑に対して)説得力がある」

バレエをほぼ30年続けてる私やから「まあそうだよね」ってすんなり受け入れてもらえるんよね。

拙ブログのテーマは「バレエ・劇場・ドイツ」の3つで書いてるけど、バレエの記事を急いで書かないとと感じてて。

それはやっぱり私の肩書が「元バレエダンサーです」っていうのと「15年やってる現役です」っていうのでは、重みが全然違うから。

コメント「ドイツは蛇口捻ったらビール出てきそう」

蛇口と言えば愛媛の空港! みかんジュースの出てくる蛇口があるんよ。愛媛のみかんジュースって味がちょっとずつ違って全部おいしい。まじでおいしい。

(↑に対して)「高松空港は讃岐うどんのダシが出てくる蛇口がありますよ」

まじですかwwww麺だけどこかで買えるのかなwwwwおもろすぎるwwwwww

劇場のドレスコードについて

大きな劇場なんか特に「学生さんが学ぶ場」でもあるし、そこまでキッチリした格好でなくても大丈夫よ。ただ余所行きの恰好って、気合の表れでもあるし、非日常を楽しむ意味合いもあると思う。

友人の娘さんが2、3歳でもう劇場デビューしてるんだけどね。それだけ幼いとうるさくしそう、って思うでしょ?

でもお姫様みたいなふわふわのスカートにティアラまでつけさせてもらって、ホワイエで頼むジュースにはストローが刺さってるのよ。お母さんも家と違っておすまししてる、みたいな。

そういう空気感を、やっぱり子どもはいち早く感じ取るんよね。観劇中ずーっと静かにしてたんやって。

…っていうちょっといい話でした。笑

スポンサーリンク

私が基本おせっかいな件

Image by iwanna from Pixabay

おせっかいの気質があります。笑

幼稚園の粘土工作でも、隣の子の凝ったお城を作るのをめっちゃ手伝っておきながら、自分のは細長く伸ばしただけの「へび」。いやまず自分のことちゃんとしようよって感じやんなwww

困ってもない人のとこに助言しに行くのってちょっと迷惑な奴やけど、ブログやったらまあ書いておけば、誰かが検索して辿り着いてくれるかもしれんしね、と思って…。苦笑

長いことバレエやってて「このことにもっと気付いていれば…」ってことばっかりやから。昔の自分に言いたいことは、全部ブログで伝えようと思っています。後出しやからこそ言える。笑

コメント「ちほさんのブログとか今日のLIVE配信見てると思いのままに、えいってやってみて良いのかもと思えました♪」

今回は皆さんが寛容やったからっていうのはもちろんありますが。笑

でも、ミスしたら取り返しがつかない、なんてことも早々ないでしょ。

小さな一歩でも、試してみることには価値があるんじゃないかーと。はい、今日の学びでした。笑

拙ブログに対するお礼(嬉しかったのでメモ)

拙ブログの記事に対するお礼が嬉しすぎたのでメモしておくの巻!

  • 反転フェテの記事! すごく分かりやすかったです♡ 私、出来るかもーって思えるブログで、踊りたくなります
  • 本当にちほさんの説明信じてやると、すんなりできるからびっくりですよ
  • ちほさんのブログ読んでると、ドイツとても楽しそうで、いつか行ってバレエを観てみたくなりますー♪
  • 仙骨のお話のブログ、神です(きらきら~)
  • 仙骨と尾骨の韻、サイコーでした
  • 4歳からバレエ続けてる私がおすすめする。ちほさんブログ
  • ​足裏の大三角形は革命です♡
  • 読んで終わりじゃなくて、印象に残るんでお稽古で使えるブログです♡

バレエの記事なんかは「え~…そんなん言っても、結局できる人にしかできないでしょ…」って感想を抱かれたらそれこそ私の時間が無駄になってしまうから。できるだけ「やってみたい」と感じていただけるよう推敲しています。

なので想いが伝わってて超!! 嬉しいです!!

動画のリンク

一応リンクも貼っておきますね。

設定(歯車のボタン)から画質を最高にしていただいて、イヤホンでご視聴いただくといくらかましなようです。いくらか。いくらかね。

おいでませバレエ自習室(自習できず)
最後まで読んでくださり大変うれしいです! ぜひぜひご自身の所属するジャンルのランキングをクリックで応援してみてくださいね。私にも、どの読者さんが一番多いのか分かりやすくなり有難いです。無所属の方は筆者の専門、バレエへ1クリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ  にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
ドイツでの暮らし
スポンサーリンク
\シェアもしておくんなまし~/
\フォローしておくんなまし~/
踊るドイツブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました